早期発見早期治療|ペロニー病は男性特有の病気

医者

淋病の症状

書類と医療器具

性病には様々な種類があり、淋病は、その中の一つです。淋しい病気と書いて淋病ですが、これは雨に濡れた林の木々から雨が滴り落ちるイメージを表したものです。このイメージ通り、淋病にかかると尿道内が炎症を起こして腫れてしまい、尿の出が悪くなりポタポタと勢いのない排尿しか行えなくなるので、このイメージが着けられたとされています。淋病になった場合、尿道が腫れるので排尿時に激しい痛みを感じたり、勃起をすることで同じく痛みを感じてしまいます。炎症をおこしているので放置し続けたら膿んでしまう可能性もあるので、早急な治療が必要です。なお、女性に感染した場合、出産時に胎児が淋病に感染しているケースは多く、多くの場合細菌のせいで両目が炎症をおこしている可能性があります。そのため、早急な治療をしなければ失明の恐れがあります。
淋病の治療と診断は泌尿器科で行います。基本的に、サンプルを摂取すれば即座に判別がつくので治療にはすぐに取りかかれます。治療方法は抗生物質を飲むことで治療が可能であり、用法用量を守って飲めばまず間違いなく治せます。しかし、治ってきたからと抗生物質を飲むのを放置した場合、抗生物質に耐性のある菌が生まれる可能性があるので決して途中で飲むのをやめないように注意しましょう。
埼玉の泌尿器科では、淋病を始め多くの性病に対して完璧な治療をしています。また、埼玉の泌尿器科では性病になった人のプライバシー保護もきちんとしているので、泌尿器科に行くのが恥ずかしい人でも問題なく診察を受けれます。また、埼玉の泌尿器科をネットで検索すれば、埼玉のほとんどのクリニックの場所がわかります。