早期発見早期治療|ペロニー病は男性特有の病気

医者

気をつけるべき病気

下を向く男性

性病の中で、最も知名度が高いのはエイズでしょう。エイズとはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染すると発症する病気であり、自覚症状が極めて低い病気です。症状としては、風邪のような症状のため多くの人が見逃してしまいがちなのですが、症状が進むと更に恐ろしいことになります。ヒト免疫不全ウイルスとは、名前のとおり、人の免疫力を破壊してしまうウイルスです。免疫が破壊された場合、人は病気に対する抵抗力を殆ど無くしてしまいます。その結果、病気の合併症がおこりやすくなり、最終的には死に至ります。主な感染経路は性行為であり、HIVに感染したと知らずに性交した場合、より多くの人に広がっていってしまいます。また、この病気は完治できない不治の病であり、感染した場合は抗生物質を使用して病気と付き合っていくことになります。
HIVの検査は保健所で無料で行うことができますが、毎日行っているわけではなく、予約も必要です。しかも、検査結果が出るのが遅いこともあるので、気になる場合はお金を払って泌尿器科で受けたほうが確実かつすぐに分かります。新宿には病院が多いので、泌尿器科も探せばすぐに見つかります。検査の結果陽性反応が出た場合は、感染してしまっています。HIVの予防対策は、コンドームをしっかり着用し、お互い病気にかかっていないかどうかを確認することです。感染してるのを知らずに行った場合、不幸なことしか起きませんので、くれぐれもご注意を。新宿で泌尿器科をお探しなら、インターネットで新宿エリアの病院を調べれば最寄りにある新宿の泌尿器科はすぐに分かります。