早期発見早期治療|ペロニー病は男性特有の病気

ドクター

淋病の症状

書類と医療器具

性病の一つである淋病は、放置していると陰茎の痛みが長続きする上に女性にうつすとさらに厄介なことになるので泌尿器科へ行き、診断と治療を行いましょう。埼玉のクリニックでは性病治療は念入りに治してくれます。

もっと読む

気をつけるべき病気

下を向く男性

性病の中で最も恐ろしいとされているのがエイズです。ヒト免疫不全ウイルスと呼ばれているエイズは、泌尿器科で検査できます。新宿では、検査機関が多く原因の特定がしやすいです。

もっと読む

なるべく早く見つける

頭を抱える男性

30代に差し掛かると、陰茎が曲がる症例が多く見つかります。これはペロニー病といい、陰茎硬化症という病気です。男性の陰茎は、海綿体というスポンジのようなものでできています。この海綿体を包んでいる白膜という組織があるのですが、これが何らかの原因でしこりが発生してしまい、陰茎が曲がってしまいます。陰茎が曲がってしまうほか、勃起時に強い痛みが生まれたり勃起障害を起こしたり、性交の際に邪魔になったりと様々な障害が出るばかりか、陰茎が短くなってしまいます。そのため、ペロニー病は放置しておくと日常生活にも大きな害をもたらしてしまうのです。なお、このしこり自体は陰茎を変な方向に向けさせる以外は人体に特に影響ありません。
ペロニー病は、早期発見早期治療が重要になる病気です。そのため、少しでも変な方向に曲がっていたら、即座に泌尿器科へ行き、治療を受けましょう。治療方法は、初期段階だと薬を服用したりステロイドの局所注射で改善していくのですが、放置し続けてしまった、あるいは早期治療でも改善されなかった場合は手術をすることになります。主に白膜のしこりを切除する手術か、反対側に白膜を切除して縫い縮めることでまっすぐに戻すプリケーション法という手術になります。なお、どちらも二時間程度で終わりますが、局部の切開をしているため数日間は安静にするための入院が必要です。入院をしたくないというのであれば、早期治療が重要ですので、違和感を感じたらすぐクリニックに行って相談しましょう。

男女交際をしていく中で、気を付けなければいけないことが性病です。性病には梅毒や淋病など様々な種類がありますが、特に治療が難しいエイズには十分な注意が必要です。エイズはHIVウイルスに感染することで発症する病気で、発症すると体の免疫が落ちて軽い病気でも重度の症状になってしまいます。そこで、自分の体を守るためにも定期的に検査をした方が良いのですが、主に保健所や病院で検査を行なっています。保健所であれば費用が発生せず、匿名でも特に問題はありません。また、病院での検査は費用が発生しますが、万が一陽性反応が出た場合は迅速に治療ができるというメリットがあります。しかし、中には周囲の人に検査を受けたことを知られてしまうと心配する人もいるでしょう。そのような場合は、自宅に居ながらエイズ検査ができる専用キットを購入しましょう。エイズ検査専用のキットはネットで購入することができ、検査方法も非常に簡単なのですぐに実践できます。また、検査が終了すると結果が報告されるのですが、基本的にはネットや電話、書類などで知らされるので他の人に気づかれる心配もありません。さらに、このような検査キットの精度は非常に高く、スクリーニング検査をした後に確認検査をするので確実な結果を知ることができます。この検査キットを購入する際は、電話や公式サイトから問い合わせる良いのですが、午後5時までに注文をすると当日発送が可能となっていて、基本的に代引手数料や送料は発生しません。

梅毒の症状と治療法

聴診器

性病の中でも死の危険性がある梅毒は、かつては火地の病として知られていましたが、現在は検査をして判明したら抗生物質で治療できる病気になりました。匿名で検査も行えますので気になったら検査をしましょう。

もっと読む